ドーリーとキンギョハナダイ
やっしーさん撮影
世間的にはお盆ツアーです。
先週に引き続いてのミユキさん、さゆりさんのご参加です。
週間天気予報では雨っぽかったのですが、やっしーさんがいるので大丈夫だろうと期待。
前日にDSから「ボートは私たちだけの貸し切りでお昼のお弁当が用意できないので持参ください」と連絡あり。
メンバー掲示板で伝達。
 
当日の朝、むわ~っとする空気の中、予定通り集合して出発です。
高速に乗る前にコンビニに寄って昼ご飯を調達。
高速に乗ると、さすがお盆最終の週末で車は多め。
海南を過ぎてからようやく空きだしてきました。
トイレ休憩ですさみの道の駅に寄ると少年野球団も来ていて男子トイレはチョー混雑。
貯水タンクが破裂しそうなぐらい待ちました^_^;。
貨物船
このあとDSに到着。
さきに車から荷物を降ろして港に持っていけるように器材を準備。
朝食がてら休憩です。
沖合の船が傾いてるぅ~。
しかも海上保安庁の巡視船が2隻がその船を挟むように監視していました。
私たちだけなので予定より早めの出港することに。
ウェットスーツに着替えて港へ。
メガネゴンベ
やっしーさん撮影
1本目「住崎No.2」
出港して座礁した船の近くを通ると海面にオイルの帯のあと、鼻に衝く異臭。
──ポイントに影響がなければ良いなぁ──
ポイントに到着、準備のできた人からエントリー。
ゆっくり潜降して集合したところでハンドシグナルで”OK"
全員からサインが返ってきてから移動開始。
まずは、ドーリーのところへ。
今日もいてくれましたが、毎度のことながら簡単に撮らせてくれません。
ゆっくり根を周っていくことに。
全員がカメラを持っているので各自被写体を見つけて撮影会。
これだけ透明度があれば、全員がどこにいるか確認できるので、ゆるーいカンジで移動。
水面近くにはタカサゴとタカサゴygがいっぱい。
のーんびり潜水時間50分オーバーでエキジット。
DSに戻って休憩です。
1時間以上あるのでウェットスーツを脱いでスッキリ。
コンビニで買ったお弁当で昼食。
風が適度に吹き抜けてキモチいい~、ウトウトしてしまう。
時間になったのでウェットに着替えて出発です。
新しいタンクをつないで残圧チェックしてOK。
テングダイ
やっしーさん撮影
2本目「住崎」
グラスワールドの予定でしたが、先客がいたのでブイの空いてるコチラに。
準備できた人からエントリー。
1本目よりも少し透明度が落ちましたが、まだまだ見えてます。
根には恒例のテングダイが整列。
等間隔に並んでるテングダイは圧巻です。
岩場にはでっかいイセエビがうじゃうじゃ。
ヤギにはガラスハゼやウミトサカにスケロクウミタケハゼなどマクロもいっぱい。
今回も50分オーバーしたところで安全停止を指示。
ちょうど流れが出てきたところでトルクをかけてフィンキック。
皆ブイのロープを持って安全停止。
安全停止バーも横に流れるほど、気が付けば4.5mから2mまで浅くなってました。
一人ずつラダーに来てもらって無事全員エキジット。
ピカチュー
やっしーさん撮影
港に戻って器材をバラシて車に積み込み、DSへ。
器材を真水で洗って、水切り。
手早くウェットスーツを脱いで身体の塩抜きにサンゴの湯へ。
しかしちょうど清掃時間にあたってしまい、仕方なくそこから牡丹の湯に。
着いてから着替えを持ってきていなかった私は車で待機。
橋杭岩の前を通ってDSに戻るとログ付け。
さきに用事のあるやっしーさんを見送りして私たちも器材を片付け。
船長にお礼を言って帰途へ。
ミユキさんのリクエストで道の駅に寄って、ソッフン。
道の駅だけにJAFの会員にはソフトクリーム10%割引特典です。
大阪に入ると雨。
いやぁー、ありがたい恵みの雨です。
車を拭き上げせずに早めに帰れました。
おもな生物:テングダイ、クエ、イラ、アオブダイ、ミギマキ、タカノハダイ、キンギョハナダイ、ナンヨウハギ、メガネゴンべ、オキゴンべ、オジサン、ホウライヒメジ、イシガキダイ、イシダイ、セナキルリスズメダイ、コガネスズメダイ、ウツボ、アカハタ、スジアラ、チョウチョウウオ、シラコダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、ガラスハゼ、レンテンヤッコ、スケロクウミタケハゼ、アカマツカサ、ヤマブキベラ、イセエビ、サラサエビ、ナカガワイソバナガニ、ウデフリツノザヤウミウシ、ソライロイボウミウシ、コイボウミウシ

メールを送る もどる  HOME