キンメモドキ
12月に潜りに行かないのですか?──この一言を受けてリクエストツアー開催決定。
「今の時期、どこかオススメは?」でシーズンものの白浜に決定。
白浜は初潜りで行って以来なのでほぼ1年ぶり。
「始め良ければ全てよし」と「終わり良ければ総て良し」で完成ということで──なんのこっちゃ
白浜も台風被害をFBでチェックしていただけに気になるところ。
海については、ブログで確認していたので良さげです。
当日の朝、予定時刻通りにピックアップ。
しかしなんですなぁ、冬至の翌日とあって日の出が遅い、和歌山に入ったころにようやく白んできました。
前日に白浜の崎の湯の湯船に柚子を入れるニュースをやってましたが、冬至と湯治をかけてあったんですね、知らなかった。
と、何の問題もなく白浜ICを下りて、DSへ向かっていたところ、なんか通ったことない道に。
いつの間にやら白浜空港へのバイパスが開通していました。
DSに着くと先の出港の人たちが用意っをしていて、サンタやトナカイの格好した人がいっぱい。
器材を降ろして、DS施設案内してからゆっくり休憩です。
DSスタッフ皆から開口一番が「久しぶりですね。」の洗礼。
キンメモドキ
あっという間に良い時間になってきたので港に運べるように器材を束ねて軽トラックに積み込み。
着替えを済ませて、ドライも着込みました。
団体さんが多いので先に港へ行った方が良さそうなので、早めに移動開始。
すると、いつも通る桟橋が閉鎖になっている。
そうだった、この間の台風24号で桟橋の転落防止柵のほとんどが吹き飛んだまんま。
なるほど、そりゃ立ち入り禁止になるわなぁ。
施設をぐるっと迂回して港に着くとそこにも惨劇が。
今までダイビングボートが係留されていた浮き桟橋が無くなっています。
替わりに奥側の浮き桟橋を利用してるようです。
だいぶ使い勝手が悪くなっている。
台風で営業もできてないからなかなか修繕もできないわなぁ。
2艇あるうちのどちらに乗るのかわからなかったので、真ん中でセッティング。
あとで乗るボートがわかったので積み込み。
私たちのボートはゆったりめですが、もう一艘は満載状態。
広々使えるのは気楽で良いね。
ウミスズメ
1本目「千石」
波もない水面を滑っていくようにしてポイントに到着。
器材を背負ってエントリー。
思いのほか、澱んでいるカンジ。
水底で集合してまずは砂地のほうへ。
いきなりウミスズメがこちらに興味があるのか寄ってきましたが、追いかけると逃げてきました。
前にココでツバクロエイを見たことがあったのであたり探しましたが、いませんでした。
仕方なく、根のほうへ戻ることに。
すると根の周りには、イサキの群れ、群れ、群れ。
その合間にアイゴの群れも。
大きな根を周ってるのか、行き過ぎたかと思うと後ろから現れたりと、していました。
このあと浅場のほうへ行きましたが、それほどだったので再びドロップオフに向かうとタカベの群れ。
上を見上げると他のグループがエキジットを始めていたので私たちも安全停止。
最後にエキジットしました。
海鮮丼
港に戻って器材を降ろして、桟橋でタンク交換して残圧チェック。
邪魔にならない様に端に寄せてかためておきます。
DSに戻ってシャワーを浴びて塩を流してドライを脱いで休憩です。
生鮮市場で食券と引き換えに海鮮丼をもらって休憩室でお昼です。
注文が入ってからそのときの旬なネタを刺身におろしているので、新鮮そのもの。
温かい味噌汁と美味しくいただきました。
休憩時間もあっという間に過ぎて、用意を開始。
前の便のボートが港に帰ってくるのが見えたので、港へ。
器材をボートに積み込み準備万端。
ツリーとシュリさん
2本目「沈船」
ポイントに着くとメインのブイに先客があったんで他のブイに係留。
準備をしてエントリー。
さすがに昼からだと人濁りで真っ白。
水底で集合して移動開始。
ガイドロープの先に沈船があるのですが、なかなか見当たらない。
5mほど手前でようやくふんわりと姿を現しました。
操舵室の前にクリスマスツリーが設置されているのですが、ホワイトクリスマスならぬ、白濁ツリーです。
近くで撮るとパーツのみ、全体を撮ろうとするとボンヤリ、となりました。
すぐに沈船にはダイバーだかり。
のんびり一周とはいかず、ダイバーのいないところを探して行くような移動です。
そんな中、沈船の艦橋あたりにはキンメモドキ、デッキのなかにはネンブツダイの群れが犇めきあっていました。
問題はこの人濁り、特に写真を撮るなら午前中です。
沈船を2周ほどしてボートに戻ると同船の方がたが安全停止中。
順番待ちで10分程度安全停止をしてエキジット。
イルミ
港に戻って器材をバラして桟橋にあげて車に積み込み。
てくてく歩いて戻っているうちに器材が戻ってきていたので、水洗いをして水気切り。
ドライもシャワーで塩を流してドライを脱いで堤防にかけて水気切り。
早々に更衣室の奥の温泉へ。
コックを開いて温泉を追加して温まろ── すぐそばに温泉があるってのは、良いですねぇ。
着替えを済ませてログ付けをして精算をして、ってところでレジは個人客のお会計ピーク。
やっとお会計も済ませて、暗くなる前に器材を片付け。
年末年始に白良浜ではイルミネーションがライトアップされているので、それを見てから帰ることにしました。
点灯時間の15分前に歩いて白良浜へ。
案外近くて5分もかかりませんでした。
点灯前はなんともチャッチーな印象でしたが、時間どおりにライトアップされると見ごたえありました。
ライトアップ前から休憩でベンチに座っていたご老人カップルがイルミネーションに照らされて何とも言えない風情あるものでした。
それから帰阪へ。
もちろん紀ノ川SAで期間限定、あまおうソッフンを食べました。
心配された風も吹くことなく暖かい一日でダイビング日和でした。

見た水生生物:キンメモドキ、タカベ、イサキ、イシダイ、オオモンハタ、ハタタテダイ、ウツボ、ソライロスズメ、ウミスズメ、ハコフグ、ゴンズイ、チョウチョウウオ、ネンブツダイ、ニザダイ、ミギマキ、コロダイ、イラ、ブダイ、クマノミ、オキゴンべ、オトヒメエビ、サラサエビ、コイボウミウシ、
粟国のギンガメ

メールを送る もどる  HOME

Copyright©2018divers-hi.com all rights reserved.