田辺日帰りツアー
車
お花畑に向かってダイブ

2006年10月21日 田辺1DAY

参加者:ひではる、ヒコニシ、ギャンブラー、スギさん、ステジイ、いま、ジョー、りっちゃん

データ

気温26℃ 水温25℃ 透明度10-15m

ここ2週間ほどいい天気が続いてます。そのうえ先週のように台風の心配もないのが一番大きいです。さぁ現地に着いてみると快晴そのもの。先週も良かっただけにこれは期待しないわけにはいきません。 バディ分けをしてさぁ出発です。
1本目は「ショウガセ」。
ポイントに着くと先客のダイバーの姿が海面を通してくっきりと映ってます。今日もエントリーするとイワシの群れを通り越してアンカー前で集合です。今回はジョーさんの150本記念ということで全員で記念撮影パッシャ。そしてみんな期待のオオカワリヘ。根の上からは確認できませんでしたが、一気にオオカワリヘ向かってダイブ!!(右写真)
場所が場所だけに3分だけ自由時間で各自思いのまま過ごしました。
そのあとは徐々に浮上しながら根の壁にいる生物たちを観察しゆっくりと過ごせました。
キンメモドキの群れ
2本目「ミサチ」
1本目に深場のポイントだったのでなるべく深めに行かないよう気をつけてエントリー。
こちらもショウガセほどではないですが抜けよく見えてます。根をゆっくり下りていくとキンメモドキの群れが現れイワシと違って透明感あふれる雰囲気を醸しだしてくれます。(左写真)
その群れを乱すように通り抜けたり、くぐったりすると気持ちいいっす。
根のまわりをゆーっくりと散策しながらのーんびり過ごすことができました。
透明度のいい海はリラックスできます、田辺は今が一番のシーズンじゃないでしょうか。

 

その他の生物:ウルメイワシ、トラウツボ、ウツボ、ミノカサゴ、ノコギリヨウジ、イサキ、レンテンヤッコ、シラコダイ、カゴカキダイ、チョウチョウウオ、オルトマンワラエビ、アオヤガラ、フエダイ、イソギンチャクモエビ、ナマコマルガザミほか

メールを送る もどる  HOME

Copyright©2006divers-hi.com all rights reserved.