田辺日帰りツアー

2000年6月4日

参加者:ひではる、ギャンブラー、まこと、

週間天気予報では雨だということでほとんど中止では?と思ってましたが、意外に晴れはしませんでしたが、何とか穏やかな天気でした。気温も日が差さない分そんなに上がらず過ごしやすかったです。海の中は前日の雨の影響から透明度は予想通りのコンディションでした。水温はもうウェットスーツでも行けるほど温かくなりだし、次回はもうウェットでしょ、って感じです。ウェット派のみなさん、もう大丈夫ですよ!さて、1本目ですがエントリー後、3人で潜降中、奥村くんがフィンのバックルが外れかけたため潜降に手間取ったためアンカーから遥か彼方に流されてしまい、なんといってもショウガセ、水深があるため移動するだけでもかなりエアー消費をしてしまい、アンカーに帰るのがやっとでした。水底のほうにアカハタがいたのですが、近づいてなんかする事もなく、あっという間に終わりました。特に流れのある水域での自由潜降は危ないので必ずアンカーラインを使って潜行しましょう。次に2本目はギャンブラーのメモリアル100本目記念ダイブでした。しかし、参加者が3人だけなのでせっかくTシャツにみんなで落書してもらおうと用意したのですが、、、、。さて、海の中はもう、温かくなってきたので生まれて間もないウツボやミギマキなどサイズ的にはチッチャめの魚が多く可愛らしかったです。久しぶりにここでイサキの群れを見ました。高々、イサキですが群れを見るとやっぱり圧巻ですね。見ていて気持ちがいいモンです、ハイ。今回被写体があんまりないから写真余るのでは、と思ってましたが途中で玉切れになってせっかくいいアングルの一枚を撮り損ねました。

イサキの群れ ギャンブラ 凹むギャンブラ
今、イサキの群れに必ず会える?! これが流される原因となった問題のフィンストラップが外れかけたところ。 寒さのため早くエキジットしたため船にいてる時間が長いため船酔いでげっそりしているシーン。
100本記念 記念Tシャツ ログを手に 
見えにくいですが「祝100本」と書いてあります。 これも見にくいですが、100本記念Tシャツ(手書き)を着ているギャンブラー。みなさんサインしてあげてね。 今月の一コマ。

メールを送る もどる  HOME

Copyright©2000divers-hi.com all rights reserved.