島根ツアー

1999年9月11-12日

集合写真

参加者:ひではる、社長、潜蔵、ギャンブラー、まこと、たかの、ひさピョン、Mitsu、かめねー、フリーム、

>

9/11島根・多古

一本目「NO.2」  気温32℃  水温26℃ 透明度15m

年1回の松江ツアー1本目。平均水深26mと、かなり深めのダイビングのため、みんなのエアーの減りが早く、15分ほどで残50と、きつめのダイビングでした。70cmのクエが二尾、マツカサウオ一尾、発見。ネンブツダイの群れが気持ちよくて漂ってました。

二本目「NO.1」晴れ  気温32℃ 水温26℃ 透明度20m

午後になり、風も落ち着き波も穏やかで、透明度も抜けてきて水面から水底が見えるほどでした。根の上に60cmのアオリイカがいてあんまし逃げずに留まってました。イワシ、ネンブツダイ、アジの群れで、日本海はいい。

9/12島根・多古

一本目「NO.2」快晴 気温32℃ 水温26℃ 透明度20m

まずスナイソギンチャクを探しに砂地に行ってみたけどちょっと見つけられず、根に戻り、ミナミサンゴがポツポツとあるのを眺めて、岩の切れ目にマツカサウオ、クエを見ながらアンカーのそばまで戻るとネンブツダイの群れが出迎えてくれました。

二本目「さなぐり」快晴 気温34℃  水温26℃ 透明度20m

やっぱり、松江にきたらココに潜らないと、というぐらいのビッグポイントです、特にこの日は流れもなく、初心者でも入れる絶好のタイミングで、最高の一本になりました。トップで15m、ボトム50mで、回遊魚のくるポイントです。イワシ、アジ、ハマチ、アオリイカが絶え間なく回ってました。そこら中、オニオコゼで、中性浮力しまくりでした。まー、ここ1年で最高のポイントです。


メールを送る もどる  HOME

Copyright©1999divers-hi.com all rights reserved.