ウォータープルーフバッグ
今回はウォータープルーフ(防水性)バッグです。関西地方のダイバーのほぼ半数以上の人がどこかのメーカーのモノを持っている、と言っても過言ではない、、、(?_?)。そんなんで別にお役立ちグッズと言うよりは必携アイテムなのかも。
 読んで字のごとく、いわゆるバッグの中が濡れないように出来ているヤツです。上の開口部が広く出来てるのでかさばる衣類や小物を楽に出し入れ出来ますし、開口部をベロクロで留めてから2-3回折りこんでバックルで留めるので少々の雨や水滴から免れるので、ボートダイビングでボートに直接置いけない小物(眼鏡、タオル等)を収納しておけます。逆に濡れた衣類(いわゆるダイビング後のお風呂後にでた着替え)やお風呂セットなどを入れておけるのでチョー便利です。
 ダイビング後に必ずお風呂に入る習慣のあるうちのサークルは当然のごとく、ほとんどのメンバーが持ってます。そのため誰がどのカラーのバッグを持っているか、確認しあってます。 まだ持ってなかった人は、なるべく皆とかさならないように、みんなにどのカラーを持っているか、をリサーチをしてから購入しているようです。

このあいだボートに乗った際、ウォータープルーフバッグに財布、鍵、ケイタイと貴重品を入れていたんですが、ボートを降りてこのバッグを見てみるとなんと、水浸し(><)。半透明だからキーケースだとかがプカプカ浮いてるのが見てとれる。
何故ゆえに水が入ったのか?
それはウォータープルーフの底の両端の接合部 にちっちゃな穴が。
そりゃ水浸しになるわなぁ。
ウォータープルーフは上の開口部をベロクロテープで貼り付けてクルクルと巻いていくことによってさらに気密性を保つのですが、その際、中に残った空気が行き場のなくなり"ブシュッ"と。
これがウォータープルーフバッグの穴開きの原因なのです。


バルブ付バッグ
そうならないためにも、丸めてもエア抜きができるコンプレッションバルブ付きのウォータープルーフバッグがオススメです。
海ぎわでそういったトラブルになることもないので今はコレに決まりです。
メールを送る もどる  HOME