フラッシュライト
セーフティグッズとして持ってて損はしない商品です。使い方は一般的にナイトダイビング時にポジションライトとして使うのですが、結構、高価な代物  ── 一般ダイバーが使う水中ライト並み、もしくはそれ以上のお値段 ── で特にナイトダイビングなんて講習にするぐらい、ということで一般ダイバーはポジションライトとしてケミカルライト(1本30−250円程度)を常用しております。
フラッシュライトを持っているのは、ガイド、イントラに限られているようです。
ナイトダイビングの事故のほとんどがダイバーのロストであるのが実情。
何故、ロストするのか?
『ガイドやイントラの責任』と言えば簡単ですが、本来ダイバーは自己責任において潜水しているはず。
では、逸れたダイバーに問題がある
バディ、ガイドが見つけてくれるだろう、ではいけません。
ナイトダイビングの手順どおりバディ、チームとはデイダイビング時よりより緊密な距離を保つ必要性があります。
けれども、そういった事態に至った場合、捜索者に見つけられやすくする必要があります。
ポジションライトとしてケミカルライトでも十分なのですが、ケミカルライトの視認性というと透明度が良くて数m程度。
ところがストロボライトはモノによっては3-4kmも光が届くうえ、水面からの視認性がかなり高いのです。
'04年は台風の当たり年でダイビングする環境としては最悪のコンディションでした。
私自身の苦い体験からポイントマーカーとしてのフラッシュライトの必要性を緊々と感じました。
もともとSプロのセーフティライトを持っていたものの、メッシュバッグに入れっぱなしで水中に持って入ることなくメッシュに入れたウェイトの下敷になりお釈迦になってました。特にセーフティグッズを揃えていてもいざ、って時に使えなきゃ意味ない、と。
そこで強力なストロボライト、SL-15を購入しました。
さすが3-4km先まで光が届くだけあって申し分ない商品です。
── 今はいつでも使えるようにBCのショルダー部に常備してます ──
視界不良のためストロボライトをアンカーに取り付けることで安心してダイビングができるようになりました。

メールを送る もどる  HOME