指示棒
今回はガイド、イントラ必携アイテムって感じの指示棒です。
以前は沖縄などのガイドがお客さんにマクロな生物をみせる時にその生物の居場所を指したり、イソギンチャクの中にいるカクレエビを探すときに直接( ・_・)σ゛ツンツンではイソギンチャクを傷つけたり、イソギンチャクの触手で指が腫れたりするのでこの指示棒は有効です。このごろは関西方面のイントラも7-8年前ぐらいから使い出してます。あると便利、その一言です。各メーカーのカタログにも指示棒が登場してます。価格はだいたい1,500円前後とまあまあお手ごろなお値段です。
 はじめは100円ショップで売ってたステンのフックを万力で整形して使ってましたが、いつもお世話になっている 「ダイブエリア373」の社長さんにお酒を差し入れしてるのが効いたのか、頂きました。勿論マニュファクチュアド・バイ社長さんです。鉄工所を経営しているだけあってなんと言っても作りがいい、お手製とは比べモンにはなりませんが(^∧^)、、、。全長27cm、棒芯半径5mmと確りしてます。戴き物なので値段は決まってるかどうか知りません。
 カメラで、マクロされるときマクロ生物探し出すときに結構いいかも。
十手式指示棒
ダイブエリア373では、貴方仕様のツンツン棒を受注生産しています。(今は先がハート型のものを製作中)
右写真のは、十手型の指示棒のご希望でサイズ、重量感と十手本来のディテールを忠実に再現したこだわりの一品。
水中でも使えるよう素材はステン304を使用。十手らしく組紐風のロープも付いてます。
お値段については時価(応相談)、 納期については仕事の合間の製作のため気長にお待ちください。
ご注文は直接電話にてお問合せください
メールを送る もどる  HOME